ピカチュウジャンボ見納めと空の日イベント - Photomission R

ピカチュウジャンボ見納めと空の日イベント

2013年10月20日 | 航空機
  このエントリーをはてなブックマークに追加 
ピカチュウジャンボ見納めと空の日イベント

2014年3月へむけてB747の退役を進めるANAですが、その中で最も人気があったJA8957「ピカチュウジャンボ」が9月30日をもって退役となります。
9月28日は毎年恒例の空の日イベントもあるということで、その最後の姿を撮影しに羽田へ向かいました。

ANAの747は急速に数を減らしており、この日はピカチュウジャンボを含めて3機のみ運用に入っていたようです。
この日は空の日イベントとピカチュウ最後の週末ということもあり、展望デッキは大変な賑わいでした。

ANA B747-400D Pikachu Jumbo

トーイングされてやって来たピカチュウジャンボ。この日は8:55の那覇行きに充当され、羽田〜那覇を往復していました。

ANA B747-400D Pikachu Jumbo ANA B747-400D Pikachu Jumbo ANA B747-400D Pikachu Jumbo

スポットにて出発を待つピカチュウジャンボ。この見慣れた風景も、あと2日で見納めとなります。日本を離れた後には砂漠でパーツ取りのスクラップになることが予想されるため、旅客機として生きていた証拠を撮りたい、ということでグランドサービス周りも絡めてみました。

ANA B747-400D Pikachu Jumbo ANA B747-400D Pikachu Jumbo

出発のためプッシュバックされるピカチュウジャンボ。この日は全て那覇線だったため、このままD滑走路方面へ向かって行きました。

KAL B747-400

目の前で離陸していくKALのB747-400。KALについても午後のソウル便がB777に変更されており、置き換えの兆候が見られます。果たして、羽田に最後まで残るのはANAなのかKALなのか気になる所です。

その後は恒例の空の日イベントへ。まずは第二ターミナル内で行われていたANA整備主催の航空機パーツ展示会を覗いてみます。

B747-400 Winglet B747-400 landing gear

B747-400についていたランディングギアと国際線仕様機についていたウィングレット。ともに教習用に保管されているもののようです。
その後はモノレールで旧整備場へ。毎年恒例の航空局などの航空機展示を見に行きます。

JCAB YS-11

JCABのYS-11量産初号機。毎年登場していますが、保存状態はとてもいいです。

IMG_4938 IMG_4941

読売新聞と毎日・共同新聞の取材用機のセスナ560サイテーション。この機体で尖閣における海保と中国漁船の衝突の瞬間も撮影されていたようです。風向きによっては尖閣までダイレクトに行けるようです。

IMG_4935

朝日新聞の取材用ヘリ。この日は伊豆大島付近で漁船の事故があったため、この展示会場の脇からとても慌ただしく上がる機体の姿も確認できました。

ANA B747-400D

ひと通り撮影後は再び第二ターミナルへ戻り、夕方までポケモンジャンボと安倍総理の乗ったシグナスを待つことに。まずは通常塗装のB747-400が降りてきました。こちらもあと半年ほどで退役です。

AIR DO B767-300

最近塗装が変わったAIR DOのB767-300。B737の方は増えてきましたが、767の方はこれが初見となりました。最近は機体塗装以外にも、機内で出されるスープがオニオンスープからごぼうスープに変わったとか。

ANA B747-400D Pikachu Jumbo

那覇から戻ってきたピカチュウジャンボ。那覇便は降りも第1ターミナル側になってしまうので、第二ターミナルにいると目の前で離着陸を見られないのが残念な所です。

ANA B747-400D Pikachu Jumbo

このピカチュウジャンボが到着すると、羽田の展望デッキは今まで見たこと無いほどの賑わいに。何とか機体の真正面にたどり着くと、ピカチュウジャンボオリジナルのサンシェードが付けられていました。

IMG_5139

再び那覇へと向かうピカチュウジャンボ。これが自分にとって最後の撮影カットとなりました。

ANA B787-8

久々に姿を見たB787-8初号機特別塗装。もはや羽田では787は全く珍しくない機体ですが、この美しいフォルムを見かけるとどこか得した気分になります(笑)

JASDF B747-400 Japanese Airforce One

この日最後の撮影は国連総会を終えた安倍総理を乗せた政府専用機。政府専用機もB747の退役が検討されていますが、こちらはまだ猶予はありそうです。実はまだ、政府専用機は曇ってしまったり雨に降られてしまったりして、好天下で撮影したことがない機体だったりします。果たして退役までに綺麗な青空の下で撮影できるのでしょうか!?

この撮影の2日後、ピカチュウジャンボは無事運行を終えて旅客運行を終了しました。現在は羽田で売却整備を行っている段階のようで、10月中旬にはアメリカにある航空機のスクラップが集まる砂漠へと旅立ってしまうようです。
幾度と無く羽田〜千歳線で搭乗した機体ですが、特に北海道で結婚式を挙げた帰りの機体がこれのアッパーデッキだったなど個人的にも思い入れがあるだけに、退役は寂しいものです。

RSSリーダーへ追加

Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加 

flickr Photostreams

新着コメント

PR

Copyright(C)EUPARO 1999-2011 Allright Reserved