スカイマークのA330フェリーフライトを撮影する - Photomission R

スカイマークのA330フェリーフライトを撮影する

2014年3月 2日 | 航空機
  このエントリーをはてなブックマークに追加 
スカイマークのA330フェリーフライトを撮影する

価格的にもサービス的にもLCCとフラッグシップキャリアの間の中途半端な位置にいるスカイマーク。そんなスカイマークがプレミアムなサービスを目指すべく発注した機体は、日本初導入となるA330-300でした。機体よりも、ゆったりとした幅のシートよりも、ミニスカのキャビンアテンダントさんが乗務することが一番注目されているという状況に、これでいいのかと思う所ではありますが・・・そんなA330が3月1日にトゥールーズのエアバス工場からフェリーされたという話を聞いて、朝一で羽田へ出撃しました。

撮影の前日、夜寝る前にトゥールーズから飛び立つA330をフライトレーダーで確認し、大体の着陸時刻を推測。そこから特に大きくずれることなく、大体10時過ぎの着陸となりました。
フランスからの便は本来北側の着陸ということで、当初第2ターミナルに張っていたものの...何と着陸許可は34Lに。ということで急いでターミナル連絡バスで第一ターミナルへ移動することに。これはスカイマークが第1ターミナル側に入っているからなのか、トラフィックの都合上なのかは謎です。

Skymark A330-300

34Lに降りたスカイマークのA330初号機「JA330A」です。奇しくも国際線ターミナルに駐機されていたアシアナのA330と絡みました。

Skymark A330-300

その後は駐機場エリアまでタキシングということで、再びターミナルの前を通ります。

Skymark A330-300

A330は機首に書かれているロゴがこれまでのB737の「SKY」から「SKYMARK」へ変更となっています。また、エンジンカバーは青く塗装されています。

さて、この日は初号機の他に2号機「JA330B」についても大体2時間ほどの差でトゥールーズからやって来ます。まあ、今回も34Lだろうと思って雨の中待っていたのですが...今度は34Rに変わりました^^;

Skymark A330-300

そういうわけで再び第2ターミナルへ移動し、34Rへ降りるA330を撮影。視界はかなり最悪な状況でしたが、エンジンから豪快な水しぶきを上げている姿を見ることが出来ました。

Skymark A330-300

強まる雨の中、スカイマークのハンガーへと移動していきました。

スカイマークのA330は本来3月末より福岡線で運行開始でしたが、手続きの遅れで5月末からの運航に変更されています。これから本格的に習熟訓練が始まるものと思われますので、その姿も撮りたいところではあります。

RSSリーダーへ追加

Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加 

flickr Photostreams

新着コメント

PR

Copyright(C)EUPARO 1999-2011 Allright Reserved