東横線渋谷駅を見納めする - Photomission R

東横線渋谷駅を見納めする

2013年3月10日 | 鉄道
  このエントリーをはてなブックマークに追加 
東横線渋谷駅を見納めする

3月16日に副都心線と繋がり、運行形態が大幅に変わる東横線。東横線の渋谷駅は地下化された上で副都心線と接続されますが、この直通運転の開始により今まで使用されていた地上の頭端式ホームは役目を終えることになりました。
たまたま廃止直前に横浜に行く機会があったので、最後の週末を撮影してきました。

高校が東横線沿線だったこともあり、渋谷駅は毎日の通学ルートで大変馴染みがありました。しかし、当時の東横線の主力は8000系や9000系だったのに対し、今や殆どが東急5050系...10年程度で綺麗さっぱり車両を置き換えられる東急は羨ましい限りです(笑)

東急東横線 渋谷駅

たまたま朝が早かったため、撮影者も客も少なく、思う存分撮影出来ました。しかし、午後に戻ってくると警備員がロープを持ってメガホンで叫ぶ修羅場になっていました。

東急東横線 渋谷駅 東急東横線 渋谷駅

アーチ型の屋根は渋谷ターミナルのシンボルでもあります。狭い建物の中に押し込まれている関東私鉄のターミナルの中で、開放感は他を寄せ付けません!

東急東横線 渋谷駅 東急東横線 渋谷駅

先頭寄りには屋根はなく吹きっさらし状態です。後付けで延伸されたらしく、ホームの幅もかなり狭いです。

東急9000系

5000系列ばかりの渋谷駅に入線してきた9000系。副都心線に乗り入れるための改造は行われずに東横線からは転属となるため、さよならヘッドマークをつけています。高校時代はボックスシートをよく狙って乗ったのもいい思い出です。

東急東横線 渋谷駅

ヒカリエから撮影した駅舎の全景。お馴染みの蒲鉾型の屋根も、JR側のホーム増設計画が進めば取り壊されてしまいます。

銀座線01系

渋谷駅を出る銀座線。こちらのホームもまもなく手前に移転となります。
銀座線ユーザーとしては東横線の地下化はあまり歓迎出来るものではなく、乗り換えはむしろ面倒になっていたり、始発のメリットを享受出来なくなったのは残念な点ではあります。今後、銀座線からの客は表参道で多くが乗り換えるようになると思われます。

今回の直通開始、そして駅の回収によって、東横線方面への人の流れはどのように変わって行くのか、今後も気になるところです。

RSSリーダーへ追加

Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加 

flickr Photostreams

新着コメント

PR

Copyright(C)EUPARO 1999-2011 Allright Reserved