東武東上線 森林公園ファミリーイベント - Photomission R

東武東上線 森林公園ファミリーイベント

2011年11月23日 | 鉄道
  このエントリーをはてなブックマークに追加 
東武東上線 森林公園ファミリーイベント

6月に惜しまれながら東上線から引退した原形東武顔の8111F。その後はずっと所属区の森林公園検修区で放置されていたようですが、例年秋〜冬に開催されている東上線の検修区公開イベントの「東上線 森林公園ファミリーイベント」で展示されるという情報を入手、しかも間際にはお色直しも行われたとのこと。美しい原形顔を撮影できる最後のチャンスかもしれない!ということで、出撃してきました。

今回は東上線大好きな嫁さんと参戦。若干途中でタイムロスをしてしまい、残念ながら花上名誉館長のお話を聞くことは出来ませんでしたが、また重大発表があったそうです。きっと南栗橋でも何らかのお話があることを期待しています。

東武8000系8111F

森林公園検修区の撮影会は敷地の都合上どうしてもサイド光となってしまいますが、8111Fは編成も撮りやすいベストポジションに止めてありました。多くの人がこれ目当てで来ていたようで8111Fの周りだけ人口密度が高くなっていました。

東武8000系8111F 東武8000系8111F

今回、HMは2種類の「さだみね」が用意されていました。「さだみね」は池袋〜小川町の特急に付けられていたHMです。

東武8000系8111F

この展示会に合わせて毎度おなじみのマーカーランプが復活していましたが、なんと今回は点灯します!これは嬉しい演出です。種別幕に愛称表示も復活しています。

森林公園検修区撮影会 森林公園検修区撮影会

今回の撮影会のラインナップ。人気は8111Fと東横線直通関連の表示を出していた9000系でした。

東武8000系

会場の奥のほうには8000系の更新車の姿もありました。一部車両はかなり色あせてきている車両も多く、「私鉄の103系」と言われた8000系も少しずつ終焉が迫りつつあることを実感しました。

東武50090系

撮影会場近辺をひと通り撮り終わって戻っている途中に、洗車台体験列車に遭遇。50090系を豪快に洗います。

東武8000系

撮影会場を後にしたらお決まりの外周撮影スポットへ。奥のほうに留置されていた8000系を押さえました。8111Fは6両故に遙か離れた場所に留置されており、標準ズームしか持ってきていなかったので撮影できず...EF100-400を持って来なかったことを激しく後悔してしまいました(泣)

RSSリーダーへ追加

Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加 

flickr Photostreams

新着コメント

PR

Copyright(C)EUPARO 1999-2011 Allright Reserved