San Franciscoにて撮り鉄する - Photomission R

San Franciscoにて撮り鉄する

2008年4月20日 | 鉄道
  このエントリーをはてなブックマークに追加 
San Franciscoにて撮り鉄する

会社の出張でサンフランシスコ〜シリコンバレーに行く機会があったので、その合間を使って近辺で撮り鉄してみました。

これまでまともに海外旅行に行ったことすらなく、初めての海外が会社の出張だったので不安しかありませんでした。しかし、目の前に線路が現れた途端にそれすら吹っ飛ぶ撮り鉄モードに切り替わりました(笑)
日本の常識では考えられない巨大でマッチョな車両が走り回っており、軽くカルチャーショックを受けました。
今回、宿泊したのはStanford大学のあるPalo Altoという町で、会社はSunnyvaleという場所にあったため、基本はレンタカーでフリーウェイ移動でしたが、一度だけ鉄道を使わせてもらいました。

Caltrain

Caltrain(カルトレイン)Palo Alto駅にて。CaltrainはSan Francisco〜San Joseを結ぶ通勤路線で、客車は全車二階建てです。

Caltrain coaches

Caltrainを逆側から撮影。客車の末端から後ろに連結された機関車をコントロールできるのは、JR北海道のオクハテなどと一緒かも知れません。

Caltrain(Double DLs 916-917)

時間帯によっては客車も増やされ、重連でやってきます。

Inside of Caltrain coach

Caltrainの車内は吹き抜けで、1階が2+2シート、2階が1+1シートの配列です。日本車輌製とボンバルディア製の2種類が存在していますが日車製の方がよく見かけた気がします。

Caltrain new Bombardier DL and coaches

ボンバルディア製のCaltrainです。Mountain View駅にて撮影。

VTA Light Rail at Mountain View Sta.

MountainViewでVTA LightRailが接続しています。

Inside of VTA LightRail

LightRail車内の様子。もう少し手前の方には自転車置き場もありました。車両はなんと近畿車輛製!!

PCC Car at San Francisco F-Line PCC Car at San Francisco F-Line San Francisco F-Line

1日だけSan Francisco市内を観光出来る時間があったので、サンフランシスコフェリービルディング方面にいった際に撮ったF-LINEの路面電車。ここは観光用の保存鉄道という意味合いが強い路線らしく、日本からも広島電鉄と阪堺電気軌道の車両が渡っているそうです。

San Francisco Cable tram

最後はお馴染みのケーブルカー。San Franciscoの町は本当に坂が多かったです。

あちらの方々が英語がド下手な得体の知れない東洋人にもとても優しい方々ばかりでした。
出来ればまた個人的に渡米したいものです。

RSSリーダーへ追加

Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加 

flickr Photostreams

新着コメント

PR

Copyright(C)EUPARO 1999-2011 Allright Reserved