片上鉄道と岡山電気軌道ツアー その2 - Photomission R

片上鉄道と岡山電気軌道ツアー その2

2011年4月 3日 | 鉄道
  このエントリーをはてなブックマークに追加 
片上鉄道と岡山電気軌道ツアー その2

片上の次は岡山電気軌道の清輝橋駅へ移動。東武博物館でも長らく親しんできた東武日光軌道の車両の生き残りに会ってきました。

片上の次は岡山電気軌道の清輝橋駅へ移動。日光軌道線カラーの3000形を待ちます。

岡山電気軌道3000形3005号 東武日光軌道色復元車

東武博物館で生態保存車として長年見慣れていたグリーンとオレンジの車両が動いているのですから感動モノです!

岡山電気軌道3000形運転台 岡山電気軌道3000形 車内

車内はマスコンが巨大なタイプに変更されていたり、化粧板がグリーンに変更されていたり、東武博物館の200型とは印象が違いますが、白熱灯の形や各種レリーフなどは間違いなく東武のものでした。こんな博物館級の車両にもかかわらず、PiTaPaに対応しているという徹底ぶりに驚きです(笑)

岡山電気軌道3000形3005号 東武日光軌道色復元車

岡山駅前電停にて、ビックカメラの前に停車する3000形。こんな大都会で今なお現役なのは奇跡です。

岡山電気軌道3000形3005号 東武日光軌道色復元車 岡山電気軌道3000形3007号 KURO 岡山電気軌道3000形

東山車庫到着後はツアー客限定の撮影会。幕の中には「東照宮」や「日光駅」が昔の東武っぽいフォントでちゃんと入っていました。床下から石津式パンダグラフまで、一通り観察する余裕もあり大満足です。

岡山電気軌道 たま電車

たま電車と在来車。一部廃車になった3000形のパーツも使われているようです。

岡山電気軌道3000形3007号 KURO 車内

帰りはKUROにも乗車でき、岡山駅まで行ってからバスでピックアップしてもらって帰る形になりました。

帰路途中、事故渋滞のために東京に帰れなくなるかもしれない危機がありましたが、他にも終電がまずい人たちがいたらしく、ツアーバスは三宮経由に変更になり、無事最終一本前ののぞみで東京へ戻れました。

N700系7000番台さくら

新大阪駅で新幹線待ち中に、九州新幹線直通用N700が来たので撮影しました。この時間帯は「ひかり」としての運用でした。

かなり旅程的にはきつめの弾丸遠征でしたが、かなり満足出来ました。何より、自動車運転できない身としては、本当にこういうツアーは助かります。

RSSリーダーへ追加

Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加 

flickr Photostreams

新着コメント

PR

Copyright(C)EUPARO 1999-2011 Allright Reserved