Red Bull Energy for Japan 幕張 - Photomission R

Red Bull Energy for Japan 幕張

2011年6月 4日 | モータースポーツ
  このエントリーをはてなブックマークに追加 
Red Bull Energy for Japan 幕張

HONDAもTOYOTAも撤退し、めっきり少なくなってしまった日本でのF1イベントですが、そんな中でも毎回変わった場所でF1デモランイベントを開催してくれるのが昨年の王者であるRed Bull Racing。
そんな彼らが6月に震災チャリティを兼ねて日本で2日間デモランイベントを行うと聞いて居ても立ってもいられず出撃して参りました。

1日目は幕張海浜公園で行われる野外音楽ライブ内での一環でのデモランでした。
今回はF1のデモラン以外にもRed Bullエアレース参加機のアクロ飛行もあると言うことで、飛行機ヲタ的にも楽しめるイベントでした(笑)
かなり急に行くことが決まったため、到着したのは1回目のアクロ飛行が始まる14時直前でした。

Red Bull Fly By

室屋義秀氏のEXTRA300Sとユルギス・カイリス氏のSu26の2機でのアクロでした。逆光での飛行機撮影は大変です^^;

アクロが終わったらF1走行エリアへ。最前列を確保して走行を待っているともはや恒例のレッドブルが配られたので遠慮無く戴きました。このエナジードリンクは本当に効きます。望遠レンズ振り回しての撮影中にはもってこい!

Red Bull Energy for Japan Showrun

程なくして、現トロロッソのドライバーのセバスチャン・ブエミ選手が姿を見せました。今回のデモランは全て彼が担当します。

Red Bull Energy for Japan Showrun

F1独特の唸るようなアイドリング音の後に甲高いエンジン音が聞こえたらデモランスタート!!ドーナッツターンを決めるために会場内を走り回ります。

Red Bull Energy for Japan Showrun Red Bull Energy for Japan Showrun

日本では初走行となる、F1用のPIRELLI P-ZEROタイヤから白い煙をまき散らしてターンを決めていきます。

Red Bull Energy for Japan Showrun

ここまでいい雰囲気でデモランが進んできた矢先、会場の端までの特設コースを走行しようとブエミ選手がエンジン音を響かせて加速をかけたところ、突如目の前のチームスタッフは頭を抱え込み、辺りがざわめき出しました。自分は死角だったのでよく見えませんでしたが、スタッフが轢かれてしまった模様・・・これはさすがに世界中のF1イベントのニュースを見ても聞いたことのない事態でした。

Red Bull Energy for Japan Showrun Red Bull Energy for Japan Showrun

しかし、それでもドーナッツターンを決めながら手を振るブエミ選手。この姿にプロ根性を見た!

Red Bull Energy for Japan Showrun Red Bull Energy for Japan Showrun

デモラン終了。チームスタッフと激しい論調で何かを話していたようです・・・

マシンの方の損傷は、後で写真を確認したところ、T型のカメラとピトー管辺りだった模様。しかし、イベント進行のために訓練されている筈のスタッフがF1に向かって飛び出してくるとは非常識きわまりない話です。通過する新幹線の線路に飛び出そうとするくらい愚かな事だということがわかってないのでしょうか?
その後、世界中のニュースでこの事故が配信され、ヨーロッパの人々には散々言われたようです。日本人として恥ずかしい限り。

Red Bull Energy for Japan Showrun Red Bull Energy for Japan Showrun

F1マシンの撤収作業。トランスポーターにマシンを積み込み、明日の会場へ向かったようです。

Red Bull Fly By Red Bull Fly By Red Bull Fly By Red Bull Fly By

撤収作業を全部見たら、程なく18時のアクロ飛行の時間に。これを撮影後撤収しました。

関連商品

RSSリーダーへ追加

Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加 

flickr Photostreams

新着コメント

PR

Copyright(C)EUPARO 1999-2011 Allright Reserved