富士総合火力演習2011 その1 - Photomission R

富士総合火力演習2011 その1

2011年9月23日 | 軍事
  このエントリーをはてなブックマークに追加 
富士総合火力演習2011 その1

イベントが続いたので写真だけ上げてずっと放置していましたが、8月末に行われた陸上自衛隊の総合火力演習の記事です。
陸上自衛隊の装備が一同に揃い、実弾を撃つところを見られる数少ない機会ということで前々から気になっていたのですが、6月頃にネットから応募してみたら見事に当選、ということで初参加してきました。

事前に調べたところ、撮影にはグランドスタンド席がいいらしいが数は少なく争奪戦になる、とのことなので、前日の最終バスで御殿場駅入りし、先に現地入りしていた知人の車で仮眠して4時頃にタクシーで演習場へ向かいました。入場開始は6時半頃、席は上から4列目くらいでした。

90式戦車

席に着くと同時に90式戦車が出てきて試射を開始。打つタイミングが読めず、そして何より始めて聞く戦車の射撃音にただひたすら怯えて構図を固定出来ない有様。この射撃音はこれまで聞いてきた「爆音」とは異質なもので、衝撃はみたいなものを伴って吹き飛ばされるような気がします。それでも終わる頃にはこの射撃音が心地良いものに変わっていたのが不思議です(笑)

北澤防衛大臣

実際の演習は10時より開始。演習は各装備を紹介しながらデモする流れで進む前段演習と、実戦の流れで訓練が進む後段演習に別れています。まずは北澤防衛相を始めとした来賓が車で演習場をパレード。その後、築城からわざわざやって来たF-2の対地攻撃で演習スタート!速くてすぐに雲隠れしてしまったので捉えられませんでしたが...

曳火射撃 曳火射撃

全特科火力の曳火射撃による「富士山射撃」。射撃で富士山の形を描ける精度はさすがです!

対戦車誘導弾 対戦車誘導弾

対戦車誘導弾の発射シーン。弾は大きめです。

AH-64D

航空祭でもよく見るAH-64Dですが、今日は機関銃を発射します。

ホバリング中のチヌークからロープを伝って降りてくる隊員。

96式装輪装甲車から40mm機関銃を発射するシーン。

90式戦車 90式戦車 90式戦車

陸上自衛隊の主力、90式戦車。この射撃の迫力こそが総火演最大の見所かもしれません。

前段演習が終わると20分ほどの休憩。その間、音楽隊の演奏で自衛隊歌が流れてました。後段演習についてはその2へ続きます。

関連商品

RSSリーダーへ追加

Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加 

flickr Photostreams

新着コメント

PR

Copyright(C)EUPARO 1999-2011 Allright Reserved