RIAT飛行展示 練習機&アクロチーム編その1 - Photomission R

RIAT飛行展示 練習機&アクロチーム編その1

2013年9月 1日 | 軍事
  このエントリーをはてなブックマークに追加 
RIAT飛行展示 練習機&アクロチーム編その1

RIAT飛行展示紹介の第五段はエアショーの華、アクロバットチームのフライトを2回に分けて紹介します。
今回、RIATには民間を含め6つのアクロチームが参加しており、それぞれ日本では考えられないような大胆なアクロバット飛行を披露し、会場を沸かせていました!

IMG_5636

イギリス空軍の初等練習機のTucano T1。塗装から一見保存機のようにも見えますが、れっきとした現用機です。

Breitling Wing Walker

複葉機を使った民間アクロチームの「ブライトリング・ウィングウォーカー」。このチームの特徴は何と言っても翼の上にお姉さんが乗ってパフォーマンスを繰り広げる、まるでサーカスのような演出です。

Breitling Wing Walker

ジェットチームとともにブライトリングの代表的なアクロチームですが、今年はジェットチームが日本にいるためヨーロッパではこちらが頑張っているようです。

Breitling Wing Walker

機体自体もかなりハードな機動を行っており、一応パフォーマーは体は固定してありますがバランスを取るのは超人技かと思われます。そしてなにより、金髪スレンダーのお姉さんがとても綺麗だったので、是非とも次回はジェットチームと一緒に来日してほしい所です(笑)

Swiss Pilatus PC-7 Demo team Swiss Pilatus PC-7 Demo team

スイス空軍のピラタスPC-7ディスプレイチーム。ピラタスPC-7はスイス空軍が採用しているターボプロップ初等練習機で、世界20カ国以上で採用されているなど、売り込みについても盛んな機体です。

Swiss Pilatus PC-7 Demo team Swiss Pilatus PC-7 Demo team

スイスにはこのチームの他にF-5E戦闘機を使ったパトルイユ・スイスもありますが、今回はスケジュールの都合上参加せず。PC-7ディスプレイチームは9機編隊で繰り出される技のバリエーションは素晴らしいのですが、スモークが無いのは残念なところです。

Royal Jordan Falcons

ヨルダンの公式アクロバットチームのロイヤルヨルダンファルコンズ。ただし、空軍ではなく民間のヨルダン航空の管轄となっています。

Royal Jordan Falcons

ソロアクロやエアレースなどで有名なExtra300の4機でアクロを行っていました。

L-39C L-39C

エストニアの練習機L-39Cアルバトロス。今年はブライトリング・ジェットチームが日本へ行ってしまったため、今年のRIATでは唯一のアルバトロスとなりました。

Patrouille de France

ヨーロッパのアクロバットチームの御三家の一角、フランス空軍のパトルイユ・ド・フランス。ダッソー・アルファジェットを使った8機編成によるアクロバットチームです。今年は別な場所でのフライバイがあったため、RIATは21日のみの参戦となりました。

Patrouille de France Patrouille de France

この日は雲が低かったため、編隊飛行を中心にしたローショーになっていました。

Patrouille de France

クロスの瞬間もしっかりと頂きました!

Patrouille de France

写真ではわかりにくいですが、前方の機体の軌跡を3機の機体が同時にロールしながら追いかけていくという大技です。

Patrouille de France

複雑なロールをしてからブレイクする演目。もはや写真を見るまでどういう動きをしていたのかを把握できませんでした。

Patrouille de France

残念ながら途中で2番機に異常が発生し、ショーキャンセルに...残念ですが、元々雲が低くてローショーでしたし、どことなく消化不良感がありましたので、これで再びRIATへリベンジする理由が出来ました!
なお、このパトルイユ・ド・フランスのみ、御三家の中では唯一ショー中のBGMを使っていました。

RSSリーダーへ追加

Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加 

flickr Photostreams

新着コメント

PR

Copyright(C)EUPARO 1999-2011 Allright Reserved