Nellis Aviation Nation 地上展示編 - Photomission R

Nellis Aviation Nation 地上展示編

2012年12月 1日 | 軍事
  このエントリーをはてなブックマークに追加 
Nellis Aviation Nation 地上展示編

飛行展示についてはボリューム満点だったネリス基地ですが、地上展示機についても大変充実していました。
実感として横田基地の3倍以上はあるであろう広大なエプロンに、ここでしか見れない珍しい機体が所狭しと並んでいます。

USAF F-16C Aggressor F-15C Aggressor

ネリス名物のアグレッサー部隊専用機。今回は東側っぽいカラーリングのF-15とF-16が展示されていました。

MiG-15

その近くには本物のソビエト機、MiG-17の姿も!今回のショーでは飛びませんでしたが、一応動態のようです。

DRAKEN International A-4 Skyhawk

民間軍事訓練会社のDRAKEN Internationalに所属するA-4 Skyhawk。もはや日本では厚木や岩国のゲートガードでしかその姿を拝めないA-4ですが、アメリカでは演習用として改修されて現役です。

RQ-1 MQ-1

タリバン攻撃などで何かと話題になる無人航空機プレデター。攻撃型のMQ-1と偵察型のRQ-1が1機ずつ展示されていました。

UK Merlin UK Lynx

ネリスは各国の軍用機が演習に来ますが、今回のお客様はイギリス空軍。2機のヘリコプター、LynxとMerlinが展示されていました。

USAF F-15E USAF F-16C USAF A-10C

会場の中心付近には、米軍の主力戦闘機と攻撃機が並べて展示!F-15EストライクイーグルとF-16C、そしてA-10Cです。F-15Eは対地攻撃を想定したMk-82などの爆弾系の兵装を吊り下げた状態で展示されていました。

USAF F-22A USAF F-22A

最近は日本でも見かけるようになってきたF-22A ラプター。日本では考えられませんが、展示機との距離はとても近い上、後方からも撮影可能でした。さらに付近では無料でパンフレットも配っているという、至れり尽くせりな状態でした。

USAF QF-4

標的機として運用されるQF-4C ファントムII。すでにアメリカでは、F-4Eは過去の機体となっています。

USAF B-52

ベトナム戦争時代から現役の爆撃機B-52。三沢でフライバイを見ただけでしたが、実際地上展示されるとその大きさに圧倒されます。

USAF RC-135 USAF E-3

電子偵察機のRC-135とAWACSのE-3センチュリー。日本でも北朝鮮が不穏な動きをした際に横田や嘉手納へ飛んでくる事が多い機体です。

USAF KC-135 USAF C-17

空中給油機のKC-10と輸送機のC-17。こちらは日本でも見られる機体ですが、C-17の近くではボーイングがブースを出していました。

一応、有名どころを中心に紹介してみましたが、全部撮りきれないほどの機体が展示されており、多分地上展示機を撮るだけで1日が暮れてしまうレベルかと思われますので、予め発表されている地上展示機リストで的を絞った方がいいかもしれません。エアショーの開始時間が遅いのは、地上展示を見るための時間を考慮しての事なのかもしれません。

RSSリーダーへ追加

Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加 

flickr Photostreams

新着コメント

PR

Copyright(C)EUPARO 1999-2011 Allright Reserved