三沢基地航空祭予行と三沢航空科学館 - Photomission R

三沢基地航空祭予行と三沢航空科学館

2011年9月11日 | 軍事
  このエントリーをはてなブックマークに追加 
三沢基地航空祭予行と三沢航空科学館

北海道遠征を終えて青森へ着くと、頭を撮り鉄から飛行機撮影に切り替えて三沢空港へと向かいました。この日は三沢基地航空祭の予行日ということで、入間以来のブルーインパルスに再会してきました。

昨日の急行はまなす遅れにより本当に辿りつけるのか不安ではありましたが、函館駅の長時間停車のおかげで遅れは取り戻せたようで、今年から「青い森鉄道」となった旧東北本線で三沢駅へ向かい、三沢空港を目指しました。

JAL MD90

三沢空港到着後は展望デッキに陣取ります。入場料は100円(笑)
程なくすると羽田からの定期便が降りてきました。羽田〜三沢線の主力は最近珍しくなったJALのMD-90です。大規模な米軍基地がある三沢だけに、この便はアメリカン航空とのコードシェア便になっているようです。

VFA-195 DAMBUSTERS F/A-18E VFA-195 DAMBUSTERS F/A-18E

MD-90を見送ると、程なく北側から機影が。なんと、空母ジョージ・ワシントン所属のVFA-195 DAMBUSTERS(通称チッピー)がCAG機#400と一般機#410の2機編隊でオーバーヘッドアプローチしてきました。明日地上展示される機体です。

お昼頃にはF-16の機動飛行の予行が行われましたが、かなり遠くだったので撮影できず。NOTAM情報によると13時よりブルーインパルスの予行だったので、それを待ちます。
13時10分、ダイヤモンドテイクオフではなく一機ずつ上がる形でアクロ開始!

JASDF Blue Impulse JASDF Blue Impulse JASDF Blue Impulse JASDF Blue Impulse JASDF Blue Impulse

垂直系の演技が現在禁止されているにも関わらず、とても充実感を感じました。震災以降、ずっと再び演技がみられる日を待っていたからでしょう。

ブルーインパルスの後は三沢航空科学館へ移動。展示機を見て回ります。

JASDF T-2 Blue Impulse F-4EJ JASDF F-1

T-2やF-1、そしてつい最近まで三沢基地で現役だったF-4が展示されています。

Miss Veedol JAC YS-11

館内には三沢〜アメリカ本土までを初めて無給油太平洋横断に成功した「ミス・ビードル」の復元機、そしてJACで活躍していたYS-11が展示されています。YS-11は屋内だけあって展示状態は最高です。

これにて本日の撮影は終了。この日は三沢から十和田観光電鉄で30分ほどの十和田市に宿をとって明日に備えます。
なお、予行日は臨時バスなどの運行はないため、三沢観光バスを使って駅〜空港〜博物館を移動しました。今回はバスのダイヤにうまく予行スケジュールが合っていたのが幸いでした。

関連商品

RSSリーダーへ追加

Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加 

flickr Photostreams

新着コメント

PR

Copyright(C)EUPARO 1999-2011 Allright Reserved