北宇都宮駐屯地でOH-6D「スカイホーネット」最後の演技を見届ける - Photomission R

北宇都宮駐屯地でOH-6D「スカイホーネット」最後の演技を見届ける

2014年5月25日 | 軍事
  このエントリーをはてなブックマークに追加 
北宇都宮駐屯地でOH-6D「スカイホーネット」最後の演技を見届ける

タマゴ型の愛嬌のある機体形状で人気の高かった陸自のOH-6Dですが、北宇都宮所属の練習用の機体は老朽化により今年度中の置き換えが決定しました。北宇都宮駐屯地は記念行事の時だけ編成されるOH-6Dによる曲技飛行チーム「スカイホーネット」も名物でしたが今年で見納め・・・ということで、北宇都宮駐屯地の記念行事へ出撃してきました。

この日は雀宮駅まで列車で向かい、徒歩で富士重工側の入り口へ。開門待ちもずっと滑走路沿いだったため、会場内に入っていないにもかかわらず飛び立つヘリも確認できる感じでした。

JGSDF AH-64D IMG_4274

若干グダグダ気味な誘導でしたが、なんとか場所を確保してフライインする機体を撮影。土浦のアパッチやセコムのヘリが降りてきます。

IMG_4479 JGSDF UH-1J JGSDF UH-60JA

祝賀飛行に向けて離陸するTH-480BやUH-60J。かなり間近でホバリングしていたので、迫力のある絵が撮れました!なお、ここの駐屯地記念行事は陸自特有の「お偉いさんの長い話」は無く、航空祭に近いプログラムになっています。

IMG_4381

ファンシードリル隊は祝賀飛行を終えたCH-47Jから登場するという演出も。

JGSDF OH-6D Sky Hornets JGSDF OH-6D Sky Hornets

今回の主役となったOH-6D「スカイホーネット」。パイロットはすべて航空学校の教官で、この記念行事のときのみ臨時編成されます。今年は午前と午後の2回フライトを行いました。

JGSDF AH-64D JGSDF UH-60JA

アパッチやUH-60Jもフライトを披露しました。アパッチは習志野降下初めに比べるとかなり大人しめでしたが、UH-60Jの方は背中を見せるなどかなり激しく動いていました。

IMG_4796

自衛隊機の他には栃木県警の警察ヘリも登場。救難デモを行いました。

JGSDF OH-6D Sky Hornets JGSDF OH-6D Sky Hornets JGSDF OH-6D Sky Hornets

午後になったら招待客席が開放されたのでショーセンター付近へ移動。本日2回目の、そしてスカイホーネットとして最後のフライトを撮影します。
まるでダンスを踊るようなOH-6Dのコミカルな動きは、固定翼機のアクロバットばかり見ているととても新鮮に感じました。それだけに、これが最初で最後になるのはとても惜しいところです。

JGSDF OH-6D Sky Hornets

終了後に集合写真を撮るスカイホーネットのメンバー。
OH-6Dは今年度中に引退しますが、TH-480Bになっても続けてほしいものです。

RSSリーダーへ追加

Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加 

flickr Photostreams

新着コメント

PR

Copyright(C)EUPARO 1999-2011 Allright Reserved