百里基地航空祭2013 - Photomission R

百里基地航空祭2013

2013年10月19日 | 軍事
  このエントリーをはてなブックマークに追加 
百里基地航空祭2013

昨年はブルーインパルスの代わりにF-15による熱い機動飛行が繰り広げられた百里基地航空祭。
今年はドラマの舞台にもなり、去年以上に期待も集まっていたのですが...

今年も昨年同様に午前3時くらいに南駐車場にて待機。開門時間も去年とはさほど変わらなかったように思います...が、変わっている点といえば天気です。
基地に入った時点で大粒の雨、視界も最悪という、完全に負け確定の流れに。
そんな天気だったので、最前列を確保する気力もなく、とりあえず地上展示機を撮ることに。

JMASD P-3C

厚木基地所属のP-3Cには、記念ペイントらしきものが施されていました。

JASDF C-130H

こちらは小牧基地所属のC130-H。コックピットになにやら置かれています。

JASDF F-4EJKai

今年の百里基地所属戦闘機で唯一の特別マーキング機になった302SQのF-4EJ改。9月末に行われる戦術競技会のためのマーキングですが、去年の侍ファントムに比べるとかなり大人しいです。

JASDF T-4 Blue Impulse

昨年の11月以来の再開となったT-4ブルー。今回は予備機なしの6機でした。

JASDF F-15J JASDF F-4EJKai

ハンガー内のF-15とF-4。F-15は最近キャノピーの枠が茶色からグレーに変更されましたが、これは相手から目立つため、ロービジ化したとのことです。

オープニングフライトの時間が近くなると、毎度恒例のT-4による天候偵察が上がるものの、上空パス時にはサウンドオンリーという状態。程なく、午前中の飛行展示は全て模擬滑走に変更するというアナウンスが流れました。

JASDF F-15J JASDF F-15J

模擬滑走のタキシングだけ撮影。滑走路の距離までの視界も厳しい状態でした。

JASDF F-2A JASDF F-15J

その後は会場中央の地上展示機を撮影。三沢基地のF-2や百里基地所属機体などが並んでいますが、こちらも去年のような装飾はありませんでした。何より、米軍機がいないのが寂しいところです。

IMG_3279

T-400にのみ記念マーキングがされており、ハローキティーがコックピットに座っていました。

IMG_3257

この日唯一飛んだ機体は救難ヘリのUH-60J。この日は東京オリンピックが決まった日だったため、五輪マークがこっそり窓に貼られていました。

JASDF RF-4E

救難の後は雨脚が強くなってきたため、飛行展示はまず無理ということでお昼前には撤収。来るたびにパーツが減っている用途廃止ファントムを撮って今年の航空祭は終了となりました。
来年の百里基地は航空観閲式のため、航空祭の開催はなし。再びこの基地に入れるのは2年後だけに、今年飛行展示が見られなかったのは大変残念でなりません。どうか2年後は、昨年のようなど派手な機体が飛び回る熱い航空祭になって欲しいものです。

RSSリーダーへ追加

Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加 

flickr Photostreams

新着コメント

PR

Copyright(C)EUPARO 1999-2011 Allright Reserved