陸の孤島へ脚立を担いで戦闘機を撮りにいく - Photomission R

陸の孤島へ脚立を担いで戦闘機を撮りにいく

2011年3月 2日 | 軍事
  このエントリーをはてなブックマークに追加 
陸の孤島へ脚立を担いで戦闘機を撮りにいく

気づいたら来年に繰り越せない有給が9日も余っていたので、以前から撮りたかった百里基地の戦闘機訓練を見に行ってきました。

百里は昨年の航空祭以来ですが、あのときは何にも考えずに行ったので会場到着が遅れ、前半のF-15JやF-4EJの機動飛行は全く見られず、ガスった空の中でRF-4EJの機動飛行をかろうじて見られた程度でした。
それ以来ずっと気になっていましたが、2月に撮影機材を一式全て更新して、基地外周からも十分に撮影出来る環境になったということで、早速行ってみた感じです。

自分は自動車が(免許あるにもかかわらず)全く運転出来ないので、脚立担いで電車とバスを乗り継いでいきましたが、十分に撮影を楽しめました。捻りを撮りたいのならば必要かもしれませんが、有名な撮影地の「山川門」と「アラートハンガー前」は茨城空港から十分徒歩圏内だと思われます。

B737-800 Skymark

早速アラートハンガー前のポイントへ向かうと、スカイマークのB737-800が出発のためにやってきました。茨城空港発着機は手前の滑走路を使うので、羽田で見飽きたB737-800でも大迫力!!

F-15J

スピードブレーキを使って降りてくる305飛行隊のF-15Jイーグル。

RF-4E

しばらくすると、ハンガーから2機のRF-4Eがタキシングしてきました。ちょうど目の前はアーミングエリアで、機体のチェックが行われています。

RF-4E

チェックが終わり目の前に駐機して出発を待つF-4E。ここで聞くアフターバナーの爆音は大迫力です!

RF-4E

訓練後のRF-4Eの着陸シーン。タッチダウン後に制動傘を出します。

F-4EJKai F-4EJKai F-4EJKai

続いて302飛行隊の離陸前チェック。尾翼いっぱいに描かれたオジロワシのロゴがひときわ目立ちます!再び壮大なアフターバナー音を響かせて大空へ飛んでいきました。

F-15DJ Aggressor

昼前に風向きは南風へと変わったため、RWチェンジになりました。RWチェンジ後はアグレッサーと305飛行隊のF-15イーグルが離陸していきます。

F-15J F-15DJ Aggressor F-15DJ Aggressor

上空で航空祭のような激しい機動飛行を繰り広げた後に、再び両部隊とも帰ってきました。タキシングする305飛行隊とアグレッサーのイーグル。

アグレッサー撮影後はアラートハンガー前から山川門へ移動。ハンガーが目の前なので機体の動きがわかりやすかったです。

F-4EJKai

訓練から帰ってきたF-4EJ。なんと、茨城空港用滑走路を使ってきたので、かなり近い状態で撮影出来ました!

F-15J

F-15Jの着陸。ここまで近いと迫力ある写真が撮れます!今回だけといわず、毎回使って欲しいところです(笑)

今回の遠征ですが・・・はっきり言って予想以上でした!下手な航空祭より色々なシーンを拝めるかもしれません。戦闘機に興味があるなら、脚立担いででも行った方がいいと思われます!

RSSリーダーへ追加

Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加 

flickr Photostreams

新着コメント

PR

Copyright(C)EUPARO 1999-2011 Allright Reserved