百里基地航空祭 - Photomission R

百里基地航空祭

2010年7月25日 | 軍事
  このエントリーをはてなブックマークに追加 
百里基地航空祭

これまで民間航空機撮影は以前からよく行っていましたが、飛んでいる軍用機を撮影したことはまだありませんでした。
とある知人が百里基地で撮影している動画で自衛隊機の存在が気になり、撮りに行きたいと情報を調べていたところ・・・7月25日に航空祭があることが判明!早速、鹿島鉄道廃止以来の石岡駅へと向かいました。

常磐線で石岡に着いたのは10時過ぎくらいでしたが...なんとシャトルバスの運行は終了。茨城空港経由で行けるか調べたら、今日に限り空港のバスには飛行機利用者のみしか乗せないという措置...とりあえず常磐小川まで移動し、そこからバスの乗客とタクシー相乗りで向かうことでなんとか辿り着くことができました。しかし、そこでのタイムロスのため、F-15やF-4の機動飛行はすでに終了、RF-4とブルーインパルスしか見ることができませんでした。

PAC-3

まず目に入ったのは某将軍様からのミサイルを撃ち落とす武装として一躍有名になったPAC-3。もう少し大きなロケットランチャーみたいなものを想像していただけに、意外とコンパクトでした。

T-4 Blue Impulse T-4 Blue Impulse

人だかりをすり抜けた先には、ブルーインパルスが並べて駐機されていました。

RF4EJ RF4EJ

他の戦闘機のエリアへ向かっていると、RF-4がタキシング中。初めて見る生の戦闘機の飛行展示、爆音と共に上空で激しい機動飛行を繰り広げるその姿に感動を覚えずに入られませんでした。

F-2 F-15 Eagle

外来機はF-2戦闘機やアメリカ軍嘉手納基地所属のF-15が展示されていました。

F-15DJ F-15J

百里の主、F-15J。これの機動飛行も見たかったです。次回こそは...!

F-4EJ F-4EJ

こちらも百里所属のF-4EJ。巨大なオジロワシのマークが特徴的な古参機です。

RF4EJ RF4EJ

先ほど超絶的な機動飛行を見てしまったRF-4E。ノーズにシャークマウスがペイントされた特別塗装機でした。

T-4 Blue Impluse T-4 Blue Impluse T-4 Blue Impluse

しばらくすると海上のアナウンスが賑やかに。ブルーインパルスの展示ショーが始まるということで、会場の興奮は最高潮に達していました。...が、一機故障してしまったらしく、ショーが始まるまでかなりまたされてしまいました。また、天候の影響で一部の演目が中止になるとのことでした。
自分はこの日、初めて生でブルーインパルスの展示飛行を見ました。プログラムが削られたとはいえ、フォーメーションとしても見ても個人技を見てもあらゆるものが繊細で美しい芸術の域だったと思います。私にとって今後も追っかけていきたい、素晴らしい被写体が出来てしまいました。

ブルーインパルス展示後は時間の許す限り地上展示機を撮影し、終了案内と共にシャトルバスへ石岡へ。石岡市内に入った途端、大渋滞が発生して全くバスが動かなくなってしまったときはカシテツの偉大さを実感しました(笑)
来年にはカシテツ廃線跡を使ってバス専用道ができるということですが、果たしてこの渋滞が解消されるのか気になるところです。

RSSリーダーへ追加

Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加 

flickr Photostreams

新着コメント

PR

Copyright(C)EUPARO 1999-2011 Allright Reserved