千歳基地航空祭 飛行展示編 - Photomission R

千歳基地航空祭 飛行展示編

2012年8月25日 | 軍事
  このエントリーをはてなブックマークに追加 
千歳基地航空祭 飛行展示編

政府専用機のホームベースであり、さらにロシア機の領空侵犯に対応するためにF-15の2個飛行隊が所属している航空自衛隊の要所が千歳基地ですが、8/5に航空祭が行われるため、それに合わせて北海道旅行の日程を調整してまで出撃してきました。余命が見えてきた政府専用機の飛びっぷりをじっくり拝みたいということで楽しみにしていたのですが...

前日は千歳駅付近のネカフェで一夜を過ごし、朝早く正門前へ。しかし、この時点で雲は低く小雨という、航空祭が決行される条件の中では最悪の状態。天気予報では日中にかけて雨は止む方向と聞いてたので、飛行展示に影響が出ないように祈るのみでした。

正確な開門時間は失念しましたが、6時半にはセンターと思われる場所の最前列に場所を取れました。今年はブルーの姿はなく、地元のF-15Jと三沢米軍のF-16が並べられています。

ショー開始時間になっても一向に雲は低いまま。本来ならば見えるはずの新千歳空港へ降りる旅客機もサウンドオンリーな状態の中、オープニングフライトキャンセルという残念なアナウンスが...orz

JASDF F-15J Scramble Demonstration

というわけで、本日最初のプログラムは基地所属機によるスクランブルデモ。F-15Jにミサイルなどの兵装を装備し、模擬滑走までを行います。

JASDF F-15J Scramble Demonstration

ミサイルを取り付ける整備員。日本のF-15が稼働率9割を維持できているのはこの方々のお陰です。

IMG_6300

スクランブルが発令されると、パイロットがコックピットへ飛び乗り、すぐにエンジンが始動されます。

JASDF F-15J IMG_6329

準備が完了し、滑走路へタキシングするF-15J。この日は肌寒かったので、エンジンの排気熱が気持ちいいくらいでした(笑)

その後は離陸せずに模擬滑走をして戻ってきました。

JASDF F-15J IMG_6377

スクランブルデモの後は、F-15とT-4数機が離陸。プログラムでは「航過飛行」が控えていたのでそのための離陸だったようですが、天候は全く改善せず。

IMG_6429

その間に地上では模擬対空射撃のデモが行われていました。本来ならば三沢リモートでF-2がやって来る予定でしたが、やはり飛来せず...。

JASDF F-15J B747-400

結局航過飛行は中止になったらしく、降りを待っていると突如シグナス、ことB747-400が雲の中から姿を現しタッチアンドゴーを決めて行きました。

IMG_6472

救難展示はU-125Aは飛べず、UH-60Jのみになっていました。

本来、昼休み前の最後の演目だった米軍F-16デモチームはこの時点で昼休み後に変更、F-15の機動飛行や編隊飛行も実施は厳しそうな天候でした。昼休みは地上展示機を撮影しつつ、午後の展示を待ちます。

JASDF F-15J JASDF F-15J JASDF F-15J

一応、編隊飛行のためにF-15Jは数機離陸して行きましたが、雲は全く晴れず。しばらくすると、天候のためにローパスのみに変更というアナウンスが...。結局、新千歳側のトラフィックの影響もあり、2パスして終了してしまいました。

PACAF F-16CJ PACAF F-16CJ

さらにF-16についても模擬滑走のみで終了ということも決定。この日来ていた機体は第5空軍司令官指定機というかなりレアな機体だっただけに、飛ばなかったのは残念でなりません。

JASDF F-15J JASDF F-15J

最後に残ったF-15Jの機動飛行についても、地上滑走で終了。そういえば、昨年の三沢でも千歳側の天候のせいで千歳基地リモートのF-15Jの機動飛行が見られなかったような...orz

というわけで、大変な失意の中で終わった千歳基地航空祭でした。またリベンジを考えたいのですが、この時期は飛行機も割増料金なので中々悩ましいところではあります。

RSSリーダーへ追加

Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加 

flickr Photostreams

新着コメント

PR

Copyright(C)EUPARO 1999-2011 Allright Reserved