厚木基地日米親善春祭り2014 - Photomission R

厚木基地日米親善春祭り2014

2014年5月 3日 | 軍事
  このエントリーをはてなブックマークに追加 
厚木基地日米親善春祭り2014

毎年恒例の厚木基地日米親善春祭りですが、今年はGW初日に開催となりました。
P-1の配置やスーパーホーネットのCAG機の塗装変更など話題のつきない厚木基地の機体を見るために、今年も出撃して参りました!

例年入場待ちの列が長くなる傾向の厚木基地ですが、今年も例外ではありませんでした。開門前には4kmほど伸びていたという噂もあり、更に入場チェックが厳しいために入場にもかなり時間がかかったようです。一応混雑は予想して6時頃から現地入りしていたので、開門後はスムーズに入場出来ました。

U.S.NAVY EA-18G

現在三沢基地に展開しているVAQ-132「スコーピオンズ」のグラウラーです。2012年より三沢基地に駐留している機体ですが、厚木基地のイベントで展示されるのは初です。現在は特に空母には属しておらず「太平洋電子攻撃航空団」直属で各種作戦の支援を行っているようです。

U.S.NAVY F/A-18E Dambusters U.S.NAVY F/A-18E Dambusters

ダムバスターズのCAG機は若干尾翼のデザインが変更になっています。

U.S.NAVY E-2C Liberty Bells

E-2Cを運用するリバティー・ベルズは相変わらずド派手な塗装です^^;

JMSDF Kawasaki P-1

海自は今年はじめてP-1を展示機のあるエプロンへ持ってきました。厚木に限らず、今年から各地の基地イベントでP-1が本格的に展示され始めたようです。

ひと通り撮影が終わったらランウェイサイドへ。毎年何かしら上がるので、とりあえず待ってみると・・・

JMSDF Kawasaki P-1

なんと、P-1が目の前のタキシーウェイを通って行きました。これまでの厚木基地イベントでは反対側のエプロンに駐機中の機体が上がればラッキーという扱いだっただけに、どんなフライトを見せてくれるのか期待が高まります。

JMSDF Kawasaki P-1

会場内をパスするP-1。素晴らしい捻りを見せてくれました!

JMSDF Kawasaki P-1

さらにギアを出してローパスしたかと思えばまた捻る!!フラップダウン状態のため、主翼のフラップ内の赤い塗装がよく目立ちます。

U.S.NAVY F/A-18E JMSDF Kawasaki P-1

スーパーホーネットも上がります。ローパスするP-1を待って離陸していきました。

IMG_0671 IMG_0762

地上ではMH-60やSH-60による救難訓練も行われていました。

U.S.NAVY F/A-18E

帰ってきたダムバスターズのスーパーホーネットはもはやお約束?のハイレートでタッチアンドゴーも見せてくれました!

U.S.NAVY F/A-18E U.S.NAVY F/A-18F

翼をたたんでタキシングしてきたダイヤモンドバックスのF/A-18F。パイロットが鯉のぼりを振ってました。

IMG_0987

海自のUS-1Aも着陸してきました。
着陸機をひと通り撮影したら海自側のエプロンへ移動します。

JMSDF US-1A

先ほどのUS-1Aが着陸後、地上に設置されたシャワーで洗浄を行っている珍しいシーンに遭遇しました。着水を行った後なのかもしれません。

JMSDF NAMC YS-11

US-1Aに続いてYS-11Mもやって来ました。今年度で役目を終える海自最後のYS-11だけに、この距離でタキシングシーンを拝めたのはツイてました!

JASDF C-130H

さらに続いて空自小牧基地からの定期便のC-130Hも到着。ゴールデンウィークにも関わらず自衛隊側のトラフィックも多くて大収穫でした!

全体的に今年の厚木基地はフライトだけ見ればかなりアタリ年だったような気がします。
この日は夕方から別な用事があったためこれにて撤収となったのですが、その後P-8ポセイドンが降りたという話を聞いて、やはり航空イベントは出来るだけ閉門までいたほうがいいなぁと悟るのでした。

RSSリーダーへ追加

Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加 

flickr Photostreams

新着コメント

PR

Copyright(C)EUPARO 1999-2011 Allright Reserved